スポンサーサイト

  • 2019.01.15 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    南宗寺

    • 2010.07.16 Friday
    • 22:12
     
    かん太」です。
    久々に「がっかり名所」のシリーズです



    nans-1


    え〜、私は今、市内きっての名刹、
    「南宗寺」の門前におります。
    古瓦が練りこまれた土塀は時代を感じさせます。



    nans-2

    境内はワンコ散歩禁止ですので、ここから先は、
    オトンの撮影によります。


    nans-3

    龍興山南宗寺は、旧市街地の南端、南旅籠町に位置する、臨済宗大徳寺派の寺院だ。もともとは、街の中央、宿院町にあり、この町第一の禅宗寺院として、町人衆の文化向上に、大きく寄与したらしい。


    nans-4

    慶長20年(1615年)、大阪夏の陣で堂宇は焼失するが、元和3年(1617年)現在の地に再建された。
    所謂、「元和の町割」の頃の話だ。
    http://kantakun.jugem.jp/?day=20081017


    nans-5

    その後、二代「秀忠」、三代「家光」の両将軍の参詣があいつぎ、山門・仏殿・東照宮が建立され、伽藍が整備されていった。江戸時代を通じて、徳川家にとって重要な寺院であったようだ。


    nans-6

    時代が下り昭和20年(1945年)堺大空襲にて、多くの建物が失われるが、山門・仏殿といった、元和の頃の建物が戦火を逃れ、古田織部の作といわれる「枯山水の庭」とともに、この寺を有名にしている。境内は、緑も多くゆったりとした佇まい。間違いなく、この町一番の名刹だ。

    nans-7

    そのような文化財の話とは別に、この寺に関するもうひとつの欠かせない話題は、寺に伝わる「徳川家康伝説」であります。寺伝によりますと、大阪夏の陣の際、豊臣方の武将「後藤又兵衛」の槍に突かれ、重症を負った「徳川家康」は、この地で息絶え、葬られたのだそうです。その後その場所には、永く「開山堂」という建物が建てられていましたが、昭和の大空襲で焼失し、その跡地には、「伝徳川家康墓・家康戦死埋葬碑」とされる無名碑が、現在も残っているのであります。


    nans-8

    以上、龍興山南宗寺門前より、
    「かん太」がお届けしました。


    nans-9

    しかし君、この画像は「若い顔」してるねえ。
    古い写真使ったのと違うのん?

    気にしない。気にしない。わっはっはあ。



    スポンサーサイト

    • 2019.01.15 Tuesday
    • 22:12
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こんばんにゃ〜
       「がっかり名所」のかん太くん(一番最後)は
      以前撮ったときのかん太くんですか?

      よくかんたくん 説明を一気に解説できましたね パチパチ えらいです おりこうです
      さすが 本をよくよんでるだけありますね〜
      http://www.toshocard.com/

      歴史のことはよくわかりませんが徳川家康って
      戦死なんですか?…(素朴な質問)
      そうか 戦死になるのか…(^^ゞ
      • おっちゃん
      • 2010/07/17 1:03 AM
      お・ひ・さ・し・ぶ〜り〜ね♪♪
         そして
      おはよ〜〜〜!

       とても、立派なお寺だけど、どこが「がっかり名所」なのかしら?

      ともかく、かん太さんがそう言うなら、きっとそうなのでしょうね。

      で、
      徳川幕府を作った家康さんは、ホントは誰なのでしょうかね。
      梅雨明けはまだ?
      東京は、明けたような空で暑いです…
      今日から、3連休で観光客が名所、旧跡を訪れるんでしょうね〜
      沢山の画像で説明してくださいましたが、歴史が弱〜い私にはチンプンカンプン…ごめんない…
      • ゆめこ
      • 2010/07/17 10:37 AM
      私も歴史はさっぱりわかりませんが ここでそんなこともあったんやと お勉強させてもらってます。
      家康の戦死 初耳です。
      • さっちゃん
      • 2010/07/17 2:17 PM
      堺市出身龍興山一人(本名宮田)、22歳で夭折した出羽の海部屋の幕内力士は、ここの山号を四股名にしていました。たった一場所初幕内を勤め9勝6敗で勝ち越し、将来を嘱望された力士でしたが。後援会にでも入ろうと思ったぐらいです。
      • nikkimochi
      • 2010/07/17 4:39 PM
      <おっちゃん>
      えへへ、まだ若いでしょ。1年以上前の画像です。
      最近になって、かん太なしの画像を追加して記事かきましたあ。
      わっはっはあ。

      読書家のシバイン君見て来ましたよお。
      右手で本もってますねえ。
      あはは、かわいい。

      定説は大坂の陣より後、天麩羅食べてなくなったとか・・。
      詳しいことは、私も存じません。

      <おプーさん様>
      おひさしぶ〜り〜ね〜〜
      コメントくれるなんて〜〜
      あ〜れから〜 何週間 
      経ったでしょう〜ねえ〜〜
      色々とお忙しそうですねえ。
      倒れない程度に、ガンバッテ下さいねえ。

      この話は、「大坂の陣」の時の話。
      家康が征夷大将軍になって、
      十数年後のことですから、
      この話の真偽にかかわらず、
      徳川幕府は家康さんが、始めはりましたあ。

      <ゆめこさん>
      コメントありがとう。梅雨あけましたねえ。
      この場所は修善寺みたいな、観光名所ではないので、
      3連休でも、そんなに観光客が訪れることは、
      ないと思います。

      <さっちゃん>
      「家康の戦死」この場所に、そんな言い伝えがある、
      というだけのことでして、ホントウのところは私も知りません。
      仮に戦死だったとして、そして、それがその時点で公になったとしたら、
      その後の歴史にどのような影響があったのか、
      私などには、全くわかりません。

      <nikkimochi様>
      コメントありがとうございます。うれしいです。
      あはは。永らく、このシリーズさぼってまして、
      出番を提供できず申し訳ありませんでした。

      さて龍興山一人そんな、お相撲さんがおられたんですねえ。
      知りませんでしたあ。〇寺中学の出身とか・・。
      そういえば、この寺も大阪場所のとき、
      相撲部屋の宿舎になってたことありましたねえ。
      堺ゆかりのお相撲さんといえば、上〇芝中学出身の、
      佐田の海が有名でしたあ。
      • かん太里親
      • 2010/07/17 9:59 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM