スポンサーサイト

  • 2019.01.15 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    浅香山の狐

    • 2009.01.09 Friday
    • 22:42
    「松本壮吉氏」による「伝説の堺」に「浅香山キツネの話」が掲載されている。

    開業直後の料理屋に上品な男女連れがやってきて、婚礼料理の大口注文をして帰る。指示された場所は市街地からはかなり離れていたが、料理を届けてみると、立派な屋敷に大勢の人があつまり、盛大な婚礼の様子であった。翌朝、器を引き取りにいくと、立派な屋敷どころか、あたりには家一軒なく、草むらの中に食器がちらばっていた。通りかかった百姓に話を聞くと、そのあたりは「浅香山」といい、よくキツネが人を化かす場所であるらしい。

    あさか-1

    え〜〜、「浅香山稲荷」より「かん太」がお届けいたします。

    あさか-2

    件のキツネはその後、ごちそうになった料理屋主人に恩返しをしようと、主人の夢枕にたち商売繁盛を約束しました。主人は夢で見た通り、この浅香山稲荷に参詣し、自宅にも稲荷をまつりますと、商売益々繁盛し、やがて堺で一番の料理屋になったそうであります。

    あさか-3

    浅香山稲荷神社は、JR浅香駅よりすぐ、周りには住宅が密集し、今ではキツネが出没するような面影はない。

    スポンサーサイト

    • 2019.01.15 Tuesday
    • 22:42
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      大和川付け替え工事の時、この浅香山の山塊が工事の難所だったそうです。他は概ね土手をつけるだけですが、ここは開削しなければ駄目だったのです。 駅の近くに大きな斜面があり、滑り降りていた記憶があります。
      スコップ、ショベルの会社がありましたが、今でもあるのですかね。浅香ショベルとかいう名前だったような・・・。
      • nikkimochi
      • 2009/06/16 10:36 PM
      <nikkimochi様>
      浅香工業株式会社のことでしょうか?
      そういえば、「じばしん(地場産業振興センター)」に、
      ショベル・スコップの展示があったような・・・。
      • かん太里親
      • 2009/06/16 11:30 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM